FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年07月04日 15:29

画像 257
 今年も、田植えを無事終えることが出来ました。今は、秋に美味しいお餅になるモチ米をたくさん収穫するために1回目の除草作業を終えたところです。田植え後週間ほど経っていますが、すでに「分けつ」が始まっています。「分けつ」とはイネ科植物(麦、キビ、カヤなど)等によく見られるもので、根本から複数の芽を伸ばし葉っぱを展開し、その先に種子が実る「穂」を出して多くの子孫を残そうとする形態の一つです。  
特にイネは「一粒千倍」と云われるほど繁殖力が旺盛で、これを主食としているアジアの国々が比較的人口密度を高く保っていられるのも、このイネの性質が人々の生活を底辺でしっかりと支えてくれているお陰なのです。
 さて、左下の写真は「なでしこ農園」の田んぼで見つけた「トノサマガエル」です。農園内では普通に見られるカエルの1種ですが、全国的には「トノサマガエル」の生息数は減少傾向で絶滅危惧種になるかも知れない程なのだそうです。その理由は「コシヒカリ」に代表されるような美味しい品種は栄養管理等が難しく、倒伏や病気になりやすいため簡便な農法が以前から模索されていました。近頃では、稲の生育期間中に水を入れたり抜いたりすることで生長をコントロールする方法が開発されています。このため「アマガエル」等に比べて体の大きな「トノサマガエル」は、成長もゆっくりなためオタマジャクシが途中で干上がってしまい大量死してしまうためなのだそうです。
 生き物どうしの多様な仕組みを活かして、稲を健全に育てようとする「有機農法」の考え方とは何かが根本的に違うようです。
スポンサーサイト

ミニトマトの収穫

2011年07月16日 11:09

形も色も様々な、ミニトマトやナスが収穫できました。画像 023

秋、冬野菜の準備が始まりました。

2010年07月31日 12:14

先日の雨降りの時にまいた、ブロッコリーとキャベツが芽を出してきました。
これから順次、秋冬やさいの種まきです。


エアルームトマトを初出荷しました。

2010年06月30日 11:58



写真が暗く、わかりづらいかもしれませんが、エアルームの黒いミニトマトです。初めて頂きましたが、プラムのような食感で、香りがよかったです。
この後も、どんどん珍しいトマトがでてきます。

田植えをしました。

2010年06月30日 11:54

毎年「なでしこ保育園」の園児達と行っている田植え体験ですが、今年は雨のため中止となってしまいました。残念ですが、この秋の稲刈りをがんばってもらいたいです。
田植えの方は、農園のスタッフで行いました。水の感触が気持ちよく、穏やかな空の下、順調に進みました。

この後に、追肥としてぼかし堆肥をまきました。うまく効いて、除草の必要がなくなればいいのですが。


  
DSCN2762.jpg


最新情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。